紫斑病の原因と症状

紫斑病の疑いがる場合、病院で検査を受ける際には、内科に行くべきか皮膚科に行くべきか迷う方も多いようです。基本的にはどちらでも診てもらえますが、出来れば、どちらも受診できるような総合病院が理想と言えるでしょう。

...continue reading

紫斑病は突然症状を感じる場合が多いのですが、その主な症状としては腹痛が挙げられます。

腹痛の原因ですが、血管の透過性が高まることによって腸管壁がむくみ、痛みを生じると言われています。盲腸の症状とも似ているため、虫垂炎と思われる場合もあります。またまれな例ですが、腸重積になるケースもあるようです。

腹痛を訴える場合、紫斑腎炎の疑いもあります。自己判断せずきちんと病院に通って治療を受ける必要があります。

...continue reading

紫斑性腎炎を発症すると足やお尻に出血した斑点のようなものが見られます。斑点が一度にたくさん出ると大きな斑点となって赤紫色に見えることがあります。急性腎炎の症状が現れ、腹部に激痛をともなう事も多いです。

腎臓の病気は繰り返す可能性が高いので、完治したように見えて、実は又起こるかもしれないので油断が出来ません。慢性化してしまい、腎不全になってしまう危険性があるため油断できません。

...continue reading

血管に何等かの炎症(アレルギー反応)が起こって、血液が流れ出してしまうという病気が、アレルギー性紫斑病です。

アレルギー性紫斑病を発症すると赤い発疹が出たり、じんましんも現れます。大体2~4か月程で症状が完治すると言われていますが、これには個人差があるので、症状がもっと長引く場合もあれば、又再発してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

...continue reading