化学物質過敏症

ホルムアルデヒドをはじめとする化学物質は、わたしたちの臓器の働きを刺激し、さまざまな病気やアレルギー体質の原因になることで知られています。

ホルムアルデヒドといえば学校の理科室でホルマリン漬けを思い出される人が多いかもしれませんが使用用途はそれだけではありません。

...continue reading

わたしたちの日常では様々な形でトルエンが使用されています。それらはより快適な暮らしをするために役立っているのですが、化学物質に敏感な方はアレルギーを起こしますし、また普通の人にも良い影響は与えません。

...continue reading

ゴルフ場では、芝生を雑草や害虫から守るため毎年数トンもの大量の除草剤や殺虫剤をまきます。また、芝生に生えるイネ科の雑草による花粉症対策として撒かれることもあります。

このゴルフ場の農薬によって、地域の環境…地下水や河川が汚染されてしまいます。 もちろん、化学物質に過敏なアレルギーの人に及ぼす影響は無視できないものがあります。

...continue reading

毎日快適な眠りに付くためには布団選びが非常に重要です。 肌触りや暖かさなど注目する点は色々ありますが、化学反応過敏症を持っている人は使用している 素材などを考慮した上で布団を選ばないと肌質がどんどん悪くなってしまいます。

...continue reading

いわゆるシックハウス症候群も化学物質過敏症と言うことができます。シックハウスになる方と言うのは、 建築に使用された特定の化学物質に反応します。

...continue reading

メイクは自分の美しさをより高めるために必要不可欠なものですが、 時にはメイクが原因で身体に異常が現れることがあります。

化粧品に使用されている化学物質は意外なほど多く、人によってはすべてダメということもあるでしょう。

...continue reading

激しい肌荒れやかゆみ、乾燥などが現れて治らない場合は皮膚が何かに反応して 化学物質過敏症を引き起こしている可能性があります。化学物質過敏症の原因は生活の様々なところに まずは正しい理由を知らなければなりません。

...continue reading

タバコは自分が吸う場合だけではなく、周りへの影響が甚大です。

化学物質過敏症を起こす成分だと、ニコチンのほかにダイオキシンやベンゾピレン他数十種類以上の 有害化学物質が含まれていると言われています。

特に子供や、赤ちゃんなどの咳・喘息体質の原因となってしまいます。

...continue reading

化学物質過敏症(CS)の検査方法ですが、まずは一般的なアレルギーテスト(花粉や食物など)を することがほとんどだと思います。

そのうえで、化学物質過敏症の方が反応しやすいトルエンやシンナーなどを 微量に体内に送り込んで反応を見るアレルギー検査をすることになります。

...continue reading

現代社会において化学物質は様々なものに含まれています。 中には生活をより便利にするために必要となるものもありますが、 それ以上に身体に悪影響を及ぼす可能性のあるものが大変多く、 人によってはそうした化学物質によって身体に異常が発生することがあります。

...continue reading