アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショック症状が出た場合、医師が治療が出来るまでの時間に、自分で処置が出来るように、補助治療剤として使用されるのがエピペンです。

体重に応じた2種類の剤形があり、注射液だけでなく、携帯用ケースや連絡先シール等が入っています。

...continue reading

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、食物依存性運動誘発アナフィラキシーというものがあります。食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、アトピー症状とともに合併する場合も多く、特に重症であるとされています。

...continue reading

アレルギーを持つ人にとってアナフィラキシーショックは最悪の状態です。 もしアナフィラキシーショックは短時間のうちに症状が進行し、再び落ち着いてゆきますが 死に至るケースも少なくないので、まずは 何か体調がおかしいと感じたらすぐに治療を行う必要があります。

...continue reading