化学物質過敏症とシックハウス。あなたの家具や室内、大丈夫ですか?


化学物質過敏症とシックハウス。あなたの家具や室内、大丈夫ですか?アレルギー症状と対処法について考えるブログいわゆるシックハウス症候群も化学物質過敏症と言うことができます。シックハウスになる方と言うのは、 建築に使用された特定の化学物質に反応します。

厚生労働省の規定によると、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド、トルエン、キシレン、 エチルベンゼン、スチレン、パラジクロロベンゼン、クロルピリホス、テトラデカン、 フタル酸ジブチル、フタル酸ビス、ダイアジノン、フェノブカルブなどがそれに当たります。

 

こういう物質は家を離れても、別の場所で接触する機会があるかもしれないので シックハウス(家の中の化学物質に反応する)症候群の人は注意が必要です。

軽度のシックハウス症候群の場合、家から離れれば良くなる方もいらっしゃいます。他の化学物質過敏症もそうですが、シックハウスも個人差が激しく、同じ環境でも まったく症状が出ない人と、激しく反応する方がいます。

シックハウスを防止するためには、リフォームや新築の際、信用できる業者の方を選ぶのが重要です。 化学物質に対して弱いと感じるなら、そのこともしっかりと伝えましょう。

 

普段の生活で使用する、防虫剤・防カビ剤などにも注意が必要で建物素材には反応しなくても こちらで悪化してしまう可能性があります。

 

化学物質過敏症の人は家具選びにも注意

化学物質過敏症は様々な化学物質に身体が反応して様々な症状を引き起こすのですが、 中でも塗装などに含まれる成分は化学物質過敏症を引き起こしやすいと言われています。 普段使用している家具にもそうした成分は多く利用されているので注意しましょう。

化学物質過敏症の方は家具を購入する際は表示を見て、ノンホルムアルデヒドや低ホルムアルデヒドなどの 表示があるものを選ぶと良いと思います。

表示が無かったり、わからない場合はお店の人に必ず尋ねるのを忘れずに。

最近は家具の中にも化学物質過敏症に配慮したものが作られるようになっており、 なるべく肌に悪影響が出ないように工夫された商品を目にします。 少々割高のものも多いですが、それで過敏症対策になるのなら安いものかもしれません。

スポンサーリンク

このページとよく似たテーマ: