ゴルフ場の芝生と農薬アレルギー


ゴルフ場の芝生と農薬アレルギーアレルギー症状と対処法について考えるブログゴルフ場では、芝生を雑草や害虫から守るため毎年数トンもの大量の除草剤や殺虫剤をまきます。また、芝生に生えるイネ科の雑草による花粉症対策として撒かれることもあります。

このゴルフ場の農薬によって、地域の環境…地下水や河川が汚染されてしまいます。 もちろん、化学物質に過敏なアレルギーの人に及ぼす影響は無視できないものがあります。

 

特に昔は、パラコートという極めて毒性の強い農薬が使用されていました。 安価で少量でも効果が高く大量に出回ったようです。 ですが中毒事故が多発し、死に至るケースも珍しくなかったため今はもう使用されていません。

現在では環境に配慮し、バスタやラウンドアップのような比較的毒性の弱い農薬が使用されているという話も聞きますが、 それでもマウス実験の結果、狂暴になったり神経に影響を与えると言われています。

 

先ほど、ゴルフ場の農薬が地下水に混じるという話をしましたが、空気中にも存在するため 接触したり吸い込んだりすれば、ゴルファーはもちろん、近くを通りかかっただけでもアレルギー症状が出ます。

可能ならば、農薬アレルギー対策として、できるだけ肌を露出させないようにするのが良でしょう。 ゴルフ場のキャディさんが肌を隠すのは、このような農薬アレルギーにならないようにするためでもあります。

ゴルフ場に限らず、家の近くに畑や果樹園が近くにあるという方は、窓を開けるタイミングに気をつけましょう。 風向きや時間帯によっては、農薬が家の中にまで入ってきます。

万が一吸い込んでしまい、気分が悪くなったり、体に異常を感じたらすぐに病院に行くようにしてください。

 

このページとよく似たテーマ: