柑橘類アレルギーと症状


柑橘類アレルギーと症状アレルギー症状と対処法について考えるブログみかんなどの柑橘類各種ビタミンが豊富で、健康や美容にも効果があるとしてよく食べられますが、柑橘類に含まれる成分によってアレルギーを引き起こすこともあります。

ただし、柑橘類と言っても、アレルギーを起こしやすいものと、比較的起こしにくいと言われているものがあります。

 

例えば、かなり起こしやすいものとして、輸入されたグレープフルーツやミカン、輸入レモンなどがあります。純粋に柑橘系アレルギーと言うより、農薬が問題になることもありますので注意です。

また、国産であってもミカンや夏ミカン、ハッサク、レモン、ライム、サボンなどでもアレルギーが起きます。柑橘系の中でも少ないものとしては(個人差がありますが)、柚子やカボス、キンカンやスダチと言われています。
加工品などでも症状が表れることもあります。毎度食べて気分が悪くなるようなら検査した方が良いでしょう。軽度だと気づかず、アレルギー症状が出ているのに柑橘類を食べてしまうこともあります。

 

柑橘類アレルギーの症状

柑橘系にも、他の食べ物同様のアレルギー症状が見られます。柑橘系で注意しないといけないのが、汁が出て飛びやすいことです。結構柑橘系の果物を食べる時に汁が舞って空気中に浮かんでアレルギー症状を出すことがありますので注意をしてください。

柑橘類のアレルギーで多くの方がうったえる症状としては、痒み、下がしびれる、炎症などです。

特に、柑橘類が使われているドレッシングや食べ物などでもアレルギー反応をすることがありますので注意です。パンなどでも発生することがありますので注意してください。

柑橘類はわたしたちに馴染み深く、食べ物から美容グッズまであらゆるところに存在します。気がつかない間にそれを口にしたり、接触してアレルギーが発生してしまうことがありますので、検査を受け自分がどんな柑橘類に反応するのか理解した上で対策をするようにしてください。調べ方はパッチテストでも出来ます。

スポンサーリンク



このページとよく似たテーマ: