貝アレルギーの症状と、起こしやすい種類について


貝アレルギーの症状と、起こしやすい種類についてアレルギー症状と対処法について考えるブログ貝のアレルギーが発生しやすいのは、アワビ、アサリ、カキ、ホタテなどです。どれも身近な食品なので、発症すると大変です。ちなみに、貝アレルギーは焼いても、生でも起こり得ます。

特にチリ産のアワビ(ラパス貝)はアナフィラキシーを起こす人が後を絶ちません。

チリ産のアワビは、よくお漬け物や煮つけとして使用されています。スーパーはもちろん、日本国内の物産展でも、国産のアワビではなく実際はチリ産を使っていることがあります。

普通はアレルギーと言うと過剰摂取によって発症することが多いのですが、チリ産アワビの場合たとえ食べたのが初めてであっても強烈なアレルギーを起こすことがあると言われています。

チリ産アワビを食べたことのない方は、このことをしっかり覚えておいて買ったり食べたりしないようにしましょう。

 

また貝料理の場合は、貝そのもの以外の他の原因も考えるようにしてください。特にタレ関係でアレルギーが出ていることがありますので注意です。ただ、焼いただけなら貝アレルギーの可能性が高いですね。

 

貝類のアレルギーの症状は

貝類でアレルギーを起こした場合、食中毒と見分けがつきにくい場合があります。アレルギーはタンパク質(アレルゲン)が元になって発症するのに対し、食中毒は細菌によってひき起こされるという違いがありますがぱっと見わからないこともあると思います。

自分が貝アレルギーかどうかは検査をすることはもちろん、できるだけ自分の症状を正確に医師に伝える必要があります。

貝類のアレルギー反応は、吐き気のほか蕁麻疹などの肌に現れる症状や、呼吸困難など循環器系に現れる症状などが確認されています。

貝類のアレルギーが怖いのは貝類以外でもアレルギー反応が出る可能性があるという点です。同じような成分を含む魚卵や甲殻類などでアレルギーが出ることもあるため、貝類アレルギーの可能性がある方は関連食物についても日頃から調べておくようにしましょう。

スポンサーリンク

このページとよく似たテーマ: