カビアレルギーと皮膚症状 アトピーは汗で悪化する?


カビアレルギーと皮膚症状 アトピーは汗で悪化する?アレルギー症状と対処法について考えるブログわたしたちの暮らす日本は高温多湿なため、カビが繁殖しやすいと言われています。特に最近は不順な天候のため、梅雨時期だけではなく冬でも生えやすくなっています。

北海道の知人の話ですと今まではカビが生えにくいと言われていた北海道でも 家屋のカビに悩まされている人が増えているということです。

カビは見るのも嫌なものですが、触れたり摂取することによってアレルギー症状をひきこすことでも知られています。

カビアレルギーの症状にも色々とありますが、特に皮膚炎を発症することが多く ひどい場合にはその症状が全身に広がり大変つらい状況になります。わたしにも覚えがあります。

 

カビのアレルギーでは、特に注意しなくてはならないのが汗との関係です。 というのも、カビのタンパク質が汗と反応することによって、アトピー性皮膚炎が発症または悪化すると言われているからなんですね。 身体の関節部分(ひじやひざなど)は特に皮膚症状がひどくなりがちだということです。

 

カビはどの家にも発生します。全くいない場所なんて考えられません。 食べ物もカビアレルギーの元となることがあります。 触れただけではなく、口から摂ってもアトピー性皮膚炎の原因になります。

アトピー性皮膚炎になってから何が原因かわからず、皮膚科などで検査を行ったことで、 カビアレルギーが判明したという人も多いため、身体に何か異変を感じたらとにかく病院に行くこと、 これが大切になってきます。もちろんカビが繁殖しないような環境を整える努力も必要です。

 

またカビは(アトピー)アレルギー性皮膚炎とは別に、脂漏性皮膚炎もひき起こす場合があります

脂漏性皮膚炎は、皮脂にカビが繁殖することで起こる病気です。 脂漏性皮膚炎というと、頭皮の抜け毛・薄毛症状が知られていますがそれだけではありません。 顔や体の症状はアトピーとも似ていて、皮膚が赤くボロボロになったり、しばしばアレルギー性皮膚炎と勘違いされることもあります。

 

このページとよく似たテーマ: