ダニにバルサンが効果的な理由と使用方法、時間について


ダニにバルサンが効果的な理由と使用方法、時間についてアレルギー症状と対処法について考えるブログダニと言えば、バルサンを思い浮かべるくらい最近では有名になってきました。引越しの際に、荷物にごきぶりやダニが付かないように、バルサンを焚く家庭も多いでしょう。

とは言っても、バルサンはゴキブリにいいというイメージも強いのも確かです。バルサンの有効成分は、神経系に効く毒物で、神経系の毒を吸い込んだダニは、神経が乱され興奮して死んでいきます。その効果の程は、少量でも高い確率で除去できるため、農場等でも虫が大量発生した時に使われるぐらいです。

問題なのは、ダニが死んだからではなく、その死んだ後の死骸で、この死骸が空気中に舞い上がることで、これを吸い込んで、アレルゲンの原因になってしまうのです。

バルサンを使用するときには注意してくださいね。

 

バルサンの基本的な使い方の流れ

バルサンはゴキブリ駆除に効果がありますが、ダニについても、駆除効果が期待できます。バルサンは煙がもくもく出るのですが、これが効果をアップさせており、もしも、部屋に穴があったりすれば、そこから煙が抜けてしまうので、意味がありません。しっかりと穴を塞ぎましょう。

 

そして、すぐに効果が出るというわけでもなく、出来るだけ1日程度置いておく必要があります。表記には、2、3時間というふうに記載されていますが、ダニには効果があるかもしれませんが、ゴキブリに関しては、外からの巣から通っている場合もある為、やはり1日程度、置いておくのが良い方法だと思います。

この2点は、基本的な使い方であり、これを間違うと、正しい効果が望めないので、きちんとした使い方をしましょう。

 

バルサンを炊くのに効果的な時期や時間は

バルサンを焚く効率的な時間帯や時期は一体いつなのでしょうか?例えばダニの卵が荷物に付着して新しい住居に持ち込まれるのを防ぐため、引越しの際にバルサンを焚いて、引っ越す人も多いです。

引越しの場合ならば、荷物を詰める前に1回、新しい部屋に荷物を入れる前に1回で効果は期待できるでしょう。その際には換気扇等も全て塞いでおくとより効果的ですし、業者によってはトラック内で移動中にバルサンを焚いてくれるサービスもあるので利用すると良いですね。

スポンサーリンク

このページとよく似たテーマ: