ヨードアレルギーの症状と検査方法について


ヨードアレルギーの症状と検査方法についてアレルギー症状と対処法について考えるブログヨード剤を含む物に触れるとアレルギー反応を起こしてしまう、ヨードアレルギーというものがあります。ヨード影剤は、検査の際によく用いる為、このヨードアレルギーがあると、受けられなくなってしまいます。

CT検査の時には、アレルギー質であると言うと、造形剤は使わないという方針になっています。ヨードは元々は甲状腺ホルモンを作る為に必要な栄養素なのですが、これが過激な反応を示してしまうというのは、今後の大きな課題となっていくでしょう。


ヨードは特に海藻類には多く含まれています。また、喉の抗炎症作用等に使われる液やレントゲンの時に使われる造形剤もヨードが使われています。

取りすぎても特に問題は無いのですが、放射能検査等を受ける時に、過剰摂取していると影響を受けやすいので、注意が必要なのです。また昆布やひじき、わかめ等の海藻類は特にヨードが多い為、検査を受ける時は、控えるようにしましょう。

 

ヨードアレルギーの症状

ヨードによるアレルギー反応は色々で、湿疹や蕁麻疹といった肌症状から、吐き気や声のかすれのほかショック症状…例えば、歯医者で治療をしている最中に、気分が悪くなって気絶してしまうということもあります。

ヨードアレルギーは、重症化すると呼吸困難やしびれなどが出てくるので、きちんとした対処をしないといけません。

ヨードアレルギーの検査方法

ヨードアレルギーは突然起こることもあるので、おかしいと思ったら慎重に検査を受けましょう。ヨードアレルギーが疑われる場合、ヨード造影剤を用いない検査が必要で、下手に検査を受けようとすると重篤な副作用が出ることもあります。

普通は、皮膚の中に少量のヨードを注射してみて、湿疹や赤みが出るかどうかで調べます。検査機関は2日程度のところが多いようです。

先ずは、ヨードアレルギーについて経験のある医療機関と先生を選ぶことから始めてみましょう。

スポンサーリンク

 

 

このページとよく似たテーマ: