カビの付いた洗濯機で服やタオルを洗っていませんか?アトピーへの影響も…


カビの付いた洗濯機で服やタオルを洗っていませんか?アトピーへの影響も…アレルギー症状と対処法について考えるブログ今ではほとんどの家で洗濯機を使っていると思います。 しかしその洗濯機がアトピー性皮膚炎の原因になっている可能性があることをご存知でしょうか?

洗濯機内部に付着したカビを放置しておくと、服や下着にくっついて繁殖する怖れがります。

洗濯機は水気がどうしても多くなってしまう家電製品。風呂場や洗面所の近くにあることも影響していますが、 カビを発生しやすく、これがアレルギー症状の悪化に影響を与えているとされているのです。

 

服やタオルのカビが皮膚に与える影響は甚大!

カビは夏場にしか発生しないと思っていませんか?わたし自身もそうでしたが… 服やタオルがある洗面所は浴室と繋がっていることが多く、さらに洗濯機などもあるため、常に湿気がある状態。 カビにとっては絶好の生息環境となり、冬でもしっかりと存在しているのです。

しかもバスタオルや顔を洗った後に拭くタオルは1度の使用で洗濯しない人もいますよね。 水気を含んだタオルは確実にカビを繁殖させるでしょう。 それで顔や身体を拭くと皮膚に付着しニキビや皮膚炎の原因となります。 かゆみを帯びれば人はそれを必至でかくため、皮膚がボロボロになることもあるでしょう。

カビの量が増えるとアトピー性皮膚炎を発症することもあり、その影響は決して無視できません…。

 

洗濯機のカビ対策は?

洗濯機のカビがひどい場合は専門のクリーニング業者もあるようですが、そこまでできない…という人も多いでしょう。

対策としては、クリーナーを使ったり、手の施しようがない場合は洗濯機を購入したメーカーで洗濯槽の部分を交換、または修理すること。 買い替えるときは乾燥機能付きの洗濯機を選ぶとカビが発生しづらいようです

 

また、洗濯機自体だけではなく、カビのついた服を他の洗濯物と一緒に洗うこともNGです。 他の服にもカビがついてしまうので…カビがついた服は、まずはハイターや漂白剤につけて落とした後 別洗いしましょう。

そして洗ったら、濡れたまま長時間放置しないこと。放っておくと湿気の強い時期はまたすぐカビが生えてきます。

できればカラっとした天気の日に天日干し、または乾燥機があればすぐに乾燥させましょう!

 

このページとよく似たテーマ: