服のダニの駆除方法は?秋春の衣替えの時期に注意!


服のダニの駆除方法は?秋春の衣替えの時期に注意!アレルギー症状と対処法について考えるブログ春や秋、衣替えの季節になるとアレルギー症状が出やすくなります。特に秋は、夏の間高かった湿度が乾燥し始める季節ですので、ハウスダストのアレルギー持ちの人にとって危険シーズンです。

 

アレルギーの原因のひとつとして挙げられるダニ。、 収納箱の中や衣類など、家の中にはダニが繁殖しやすい場所が多くあり、ダニの糞や死骸が 溜まっています。もちろん、カビや防虫剤にも要注意です。

衣替えはしばらく寝かせておいた衣類を久しぶりに外に出す作業。 その寝かせている間にカビの量が増え、それが衣替えによって表に出した時に一気に放出され、 アレルギーの抗体が反応してひどい症状をもたらします。

 

衣替えの季節は衣類だけではなく寝具などの入れ替えをすることもありますが、 布団にもたっぷりとダニや防虫剤の成分が含まれています。 しまう前にクリーニングに出す人もいるかもしれませんが、出した後にも洗濯やクリーニングをしておくのがおすすめです。

さらに、しまってあった布団を持ち運ぶとき、ダニやカビのついたままだと家の中にホコリとなって放出されてしまいます。

布団を移動させるときは、掃除機をかけてからにしてください。掃除機をかける方法はこちらに書いてあります。 布団だけではなく、洗えない衣類もかけると大分効果的です。 それから、アレルギーの人はマスクをするなどして作業中吸い込まないようにしましょう。

 

服のダニの駆除と予防方法

衣類や布団を取り出すのではなく、逆に収納するときはどうしたら良いのでしょうか?服のダニの駆除と予防方法ですが、洗濯と乾燥、これが最も簡単に、どのご家庭でもできる方法です。

ダニは乾燥と熱に弱いため、服を洗濯し乾燥させたら熱を加えるのもひとつの方法です。 天日干しや乾燥機を使えばそれだけでも十分ダニの数を減らすことはできるでしょう。

あとはこれをこまめに繰り返すのみ。アウターのような服は着るごとに洗濯しない人もいるかもしれませんが、 できるだけ洗濯、もしくは熱を加えるという作業をするようにしましょう。天日干しするだけでもだいぶ違うはずです。

 

このページとよく似たテーマ: