布団のダニ対策!掃除機のかけ方と回数について


布団のダニ対策!掃除機のかけ方と回数についてアレルギー症状と対処法について考えるブログダニ対策のための布団の掃除機のかけ方、これにはちょっとしたコツを必要とします

まずは 掃除機をかける前に必ず布団カバーを外しておきましょう。

ポイントとしては、ゆっくりと掃除機をかけることです。ゴシゴシと力を入れても意味はありません。 ゆっくり一方向に動かしながら吸い取っていきます。端まで到達したらまたスタート地点に戻り、 列を少し横にズラして、再びゆっくりと一定の方向に向けて掃除機を動かしていきましょう。

時間はかかりますが、これを表と裏、まんべんなく行います。

掃除機は布団用のヘッドに付け替えるとより効果は高いです。 縫い目部分に取りこぼしがないよう、気を遣って掃除機をかけてあげると尚よしです。 目安としては、布団の片面で1分くらい。

掃除機をかけるのは布団を干す前と後の2回。 布団を天日干ししておくとダニの多くが死にますが、死骸がまだ布団に残っています。 ですので、天日干しした後掃除機をかければより効果的と言えます。

 

ダニ対策のため、布団に掃除機をかける回数はどのくらいが効果的?

ダニはどんなに清潔にしていても、必ずどこかには存在し、放っておくとそれがどんどん増えていきます。 駆除剤を使ってもダニがいなくなるのは一時的であると認識しておくことが大事。

掃除機はできるだけ小まめにかけると、ダニ防止につながります。

週に1回は必ず掃除機をかけましょう。先ほども書いたように、出来れば外に干す前と後両方に。 欲を言えば1日おき、つまり2日に1回は天日に干して掃除機をかけてあげたいですね。

 

新品の布団なら、掃除機をかけなくても安心?

買ったばかりの布団は一見清潔に思えます。ですがここが落とし穴。 お店での保管状態によっては、実はダニだらけ!という場合もあるのです…(^^;

防虫剤をたっぷり含んでいる場合もあります。 ですので、新調した布団は必ず一度洗濯をするか、天日干しして掃除機をかけましょう!

 

 

 

このページとよく似たテーマ: