タバコで咳が止まらない?化学物質過敏症


タバコで咳が止まらない?化学物質過敏症アレルギー症状と対処法について考えるブログタバコは自分が吸う場合だけではなく、周りへの影響が甚大です。

化学物質過敏症を起こす成分だと、ニコチンのほかにダイオキシンやベンゾピレン他数十種類以上の 有害化学物質が含まれていると言われています。

特に子供や、赤ちゃんなどの咳・喘息体質の原因となってしまいます。

化学物質過敏症は特定の化学物質が体内に入り込んだとき身、 体の防衛機能が過剰反応する事によって症状が現れますます。 咳の場合は体内から化学物質を追い出そうと身体が働いてしまうわけです。

 

喫煙をされる方で、幼い子供さんがいる方は、止める必要まではありませんが 外で吸うなどの配慮をしてあげてください。 咳き込んでいるのに放置しておけば、気管支炎喘息や肺炎にまでなってしまう可能性があります。

隣の部屋なら大丈夫だろうと考える方もいるかもしれませんが、たばこの微粒子が体にくっついて あまり効果はありません。 子供の肺は日々成長してゆきますが、タバコの化学物質によって健全な発達が阻害されてしまうのです。

 

また子供だけではなく、アレルギー体質の大人や、喫煙者本人に症状が表れることも多いのです。 化学物質過敏症やアレルギーは、ある日突然症状が表れます。自分は平気だと思っても油断はできません。

タバコ好きの方に、タバコをやめろと言ってもなかなか難しいかもしれませんが 周囲や自分への影響を考えてみて、ちょっと過ぎているなぁと思ったら本数を減らしてみるなどの 努力が必要かもしれません。

もし、鼻水やくしゃみ、咳が止まらなくなるなどの症状が続き、化学物質過敏症ではないかと思った場合は 病院で検査を受けてみましょう。

咳の原因と思われる病気はたくさんあります。 そのせいで化学物質過敏症なのに全く別の治療を行ってしまうと言うケースが多いので、 自己判断で治療を進めるのは避けて、必ず適切な病院で治療を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

このページとよく似たテーマ: