シュセラモイストゲルの成分はアトピーでも大丈夫?副作用は…


シュセラモイストゲルの成分はアトピーでも大丈夫?副作用は…アレルギー症状と対処法について考えるブログシュセラモイストゲルの成分はアトピーでも大丈夫?副作用は…

 

シュセラモイストゲルは、敏感肌の人に嬉しいセラミド主成分のオールインワンゲルなのでアトピーやアレルギー体質で気になっている方もいると思います。
 

赤ちゃんでも使用できるやさしい処方、とはいえ刺激に弱いという方はこちらから成分をチェックしてみてくださいね↓↓ トライアルもできるようになっています。

 

<シュセラモイストゲルの成分を確認する>

 

>>シュセラモイストゲルの成分・詳細について

 
 
シュセラモイストゲルには、天然のヒトの皮膚に似た構造を持ったセラミドを主成分に、スーパーヒアルロン酸や加水分解コラーゲンなどの
美肌成分が濃縮されています。
 
天然ヒト型セラミドは、潤いキープ力が通常の3倍ともいわれ、スーパーヒアルロン酸も2倍の保水効果があるとされています。
 
また、シュセラモイストゲルでは、天然ヒト型セラミドとともに、水溶性のセラミドをバランスよく配合することで、バリア機能をより効果的に高めてゆくことが期待できるんですね。
 
これほどまでの、シュセラモイストゲルがこだわっているセラミドは、お肌を防御したり、年齢肌(シワやたるみ、シミなど)から守るのに
欠かせない物質です。
 
アトピーやアレルギーの人、またちょっとしたことでピリピリを感じる敏感肌の人はバリア機能が低下した状態だといわれています。
 
皮膚が健康であるためには、バリア機能の要になるセラミドが十分あり、水分キープしていることが重要なのです。
 
特に、女性の場合は30歳代から肌の潤いが減り乾燥肌に陥りやすくなります。そして肌が乾燥するとバリア機能が低下するので敏感肌になってしまうのです。
 

その原因がセラミドといった角質細胞間脂質が減少することにあります。
 
セラミドには水分を蓄える力があるからですね。だから30代を過ぎると乾燥肌で悩んでいる人が増加傾向にありますし、それを改善する為には肌にセラミドを補給してやる必要があると言えます。
 
さらにセラミドが減少するだけではなく加齢と共に衰えてしまうのが肌のターンオーバーです。

 
赤ん坊の肌はプルプルしていて常時新しい細胞に覆われているので瑞々しい状態ですが加齢と共に成長ホルモンが減ることで血行が悪化しターンオーバーの周期も長くなります。
 
その結果肌細胞が生成されるのが遅くなり、自律神経、ホルモンのバランスも年を取ると乱れやすくなるので、それが皮膚に影響を与え乾燥肌、敏感肌の原因となります。
 
シュセラでは、肌に必要な成分を補うことで、バリア機能だけではなくターンオーバーを整え健康な皮膚へと近づけます。
 
シュセラモイストゲルだけでも十分ですが、他のものも試したいということでしたらトライアルセットから入ってみるのも良いかと思います。

 

>>シュセラモイストゲルの成分・詳細について

 
シュセラ モイストゲル
 

このページとよく似たテーマ: