ビーグレン 歯のホワイトニングケアの成分と効果、危険はどう?


ビーグレン 歯のホワイトニングケアの成分と効果、危険はどう?アレルギー症状と対処法について考えるブログビーグレン 歯のホワイトニングケアの成分と効果、危険はどう?

 

bglen-hamigaki8
 

健康的な白い歯には誰でも憧れると思います。定期的にデンタルクリニックで検査をすることはもちろん、家でのケアも大切にしたいものです。

 

今回、ビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉が発売されたということで、歯ブラシ(スポンジタイプのクリーナー)と合わせてレビューしてみたいと思います。
 

どちらも歯に負担、危険になるような成分や研磨剤は使用されていませんが、成分や効果について気になる方はこちらもご覧ください↓↓
 

<ビーグレン 歯のホワイトニングケアの成分を確認する>

 

>>ビーグレン デンタルホワイトニングケアの成分・詳細について

 

bglen-hamigaki7
 

歯磨き粉に入っている研磨剤には、歯の表面にあるエナメル質の汚れや着色を落とし歯を白く見せる目的で入っています。

 

研磨という言葉からわかるように、歯の表面のの着色などを薄く削り取り、歯ブラシで磨くだけでは落としきれない汚れを取り除くことで歯を白く見せることが出来ることがメリットです。

 

コーヒーや紅茶を飲んだり、タバコを吸ったりすると歯にステインという黄ばみやくすみなどの着色汚れが生じます。
 

特に、タバコのヤニは直接歯に着いてしまうと落ちにくく、研磨剤入りの歯磨き粉でないと中々落とすことが難しいです。

 
タバコを良く吸っていたり、コーヒーを良く飲むけれど歯を白く保っていたいという人にとっては、研磨剤入りの歯磨き粉は強い味方と言えます。

 

デメリットとしては、強力な研磨力なだけに歯の表面のエナメル質の部分が削られ、汚れがつきやすい状態になってしまうため、虫歯や知覚過敏の原因となる可能性があるということです。

 
エナメル質は歯の一番外側を覆っていて、人間の体の中で一番硬い組織です。

 
熱いものや冷たいもの、酸性の食品などの歯がしみると感じさせるものが、刺激に敏感な内部の層に触れないように保護する役割があります。

 

そのため、エナメル質が強いダメージで傷つくと、知覚過敏になったり、エナメル小柱の隙間から虫歯菌が生み出した酸が入り込むと、内部からハイドロキシアパタイトが溶け出し初期の虫歯になり、それが進行すると穴が開く実際の虫歯になってしまうのです。

 

虫歯や知覚過敏が気になるという人は、研磨剤が入っていないタイプの歯磨き粉がお勧めです。

 

また、子供の歯は大人よりやわらかくてデリケートなので、研磨剤入りの歯磨き粉は歯の表面だけでなく歯茎まで傷めてしまうおそれがあります。

 

子供の歯磨き粉にも、研磨剤が入っていないものの方が良いといえます。

 

ビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉は、研磨剤を一切使わず、汚れが自然と剥がれ落ちてゆく『ポリリズム』という方法で美白してゆきます。

 

ビーグレンといえば、スキンケアホワイトニングも定評があるため、歯の方ももしかしたらと期待していましたが、反面歯磨き粉でどのくらいきれいになるものなのか未知数だったんですよね…。

 

結論からいうと個人の感想ですが、これはまた使いたい!と思えるものでした。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使い始めて、数日後くらいからいつもよりも口の中の調子が良いように思えたのですが、使い切るころには目立たないところにあったくすみがきれいになっていたのが一番うれしかったですね。

 

また、ホワイトニングはもちろん、ビーグレンの歯磨き粉は歯周病や虫歯予防も同時に行うこことができますよ。

 

それからビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉は、研磨剤だけではなく、発泡剤も含まれていないのですよね。歯磨きの後も口の中に清涼感が持続するのが良いと思いました。

 

bglen-hamigaki2

 

bglen-hamigaki3

 

歯みがき粉に含まれている「発泡剤」。発泡剤にはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

発泡剤は、歯みがき粉だけではなく、化粧品などにもよく配合されています。その名の通り、歯みがき粉を泡立たせる成分で汚れを落とす手助けをしてくれる働きを持ちます。

 

一言で発泡剤と言っても、発泡剤には様々なものがあります。「ラウリル硫酸ナトリウム」「ショ糖脂肪酸エステル」「ラウロイルサルコシンソーダ」などが市販の歯みがき粉によく使われている発泡剤です。

 

その中でも有名なのが「ラウリル硫酸ナトリウム」です。

 
過去には危険性がある成分として、問題になったことがあるのですが、歯みがき粉に含まれている量はごく微量なため、気にするほどの害はありません。

 

ただし、先ほども書いたように、歯みがき粉に含まれている発泡剤のメリットは「泡立ちを良くする」ためです。

 

歯を歯みがき粉で洗っていると泡が立ちます。たっぷり泡立つのも、合成界面活性剤という「化学物質」が含まれており、有害な物質が使われてあることが多くあります。

 

刺激が強いため、歯磨き直後は一時的に味覚が麻痺したり、たっぷり泡立つと「よく磨けた」気になってしまい、実は磨き残しが多いという欠点があります。

 

しかし、発泡剤が含まれていない歯みがき粉と比べると発泡剤が含まれている歯みがき粉で歯を磨くと、口の隅々まで歯みがき粉の泡が行き渡りやすいのが特徴でもあるんですね。

 

より爽快感を感じることが発泡剤が含まれていることでできるようになっています。

 

ビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉は、発泡剤が使われていないので泡が立ちませんが、ナチュラルなハーブの味で普通の(発泡剤あり)歯磨き粉で磨いたのと変わらない感触です。

 

それでいながら、口を漱ぐ回数が普段より少なくなるので、その分ホワイトニングや虫歯予防成分がしっかりと浸み込むわけです。

 

bglen-hamigaki1
 

ところで、誰もが気になる歯の黄ばみやくすみの主な原因はステインとされています。

 

そのステインは虫歯に影響を与えるのでしょうか。ステインとは何かについて触れながら見ていきましょう。

 

ステインとは歯についた着色汚れのことです。タバコやコーヒー、お茶など日頃の生活で口にする物の成分が歯に付着することが色がつきます。

 

歯の黄ばみやくすみの主な原因はステインとされています。ステインは歯磨きでも予防はできるとされているため、専用の歯磨き粉も売られています。

 

そもそもステイン自体が虫歯を引き起こすことはありません。

 

しかしながら、虫歯になる影響を与えるとはいえます。その理由として多くを占めるのが喫煙によって口の中の状態が悪くなることにあります。タバコを吸うことは唾液の分泌を減少させることにつながります。

 

もともと唾液の中には、虫歯の菌が作った酸を中和してくれる成分が入っているため、歯を保護してくれる機能があります。

 

しかし体に良くない有害な物質が喫煙によってとりこまれてしまい、血のめぐりが悪くなるこで唾液が少なくなります。

 

それにより口の中が乾き、より細菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。

 

他にも喫煙によって歯と歯茎にヤニがつき、ヤニと歯垢がべったりとくっついてしまうことも虫歯菌が増える要因となるのです。

 

またタバコだけではなく、普段の食生活で積み重なった汚れによっても虫歯になる可能性があります。歯磨きだけでは落としきれない汚れは蓄積されていくため、歯医者でのクリーニングが必要になってしまうのですね。

 

以上のようにステインは間接的には虫歯に影響を与えるということがわかります。

 
ステイン予防には丁寧な歯磨きや健康的な生活をし、定期的に歯医者さんに行ってお手入れをすることが大切といえます。

 

bglen-hamigaki4
 

ただ、専門のクリニックでホワイトニングをする予定(した後)でも、自宅で美白メンテナンスをまったくしなくて良いかというとそうではありませんよね。

 

歯医者で施術をする「オフィスホワイトニング」だけでなく自宅でもできる「ホームホワイトニング」、ひと昔前はそれこそ芸能人でもなければなかなかケアしづらかったのですが今は私たちの生活において歯のホワイトニングはますます身近なものになっています。

 

お店やクリニックに足を運ばなくても、ビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉もネットで簡単に購入することができますしね♪
 

せっかくクリニックで行ったホワイトニングですが、永続的に効果が続くものではなく、その効果はおおよそ1年間といわれています。

 

人によっては、半年くらいで黄ばみ始めてしまうという方もいますし、生活習慣ってやっぱり大きいんだなと思います。
 
そして少しでも長く白い歯の状態をキープ(再沈着防止)に有効とされているのが、ビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉なんです。

 

もちろん、喫煙はホワイトニングにとって大敵なので、わたしは吸わないのですがタバコや、嗜好品を控えられる人はそうするのに越したことはないと思います。

 

喫煙によってヤニが歯に付着し放置することで再沈着の原因となります。特にホワイトニングをしている間は禁煙をすることが理想的ですが、なかなかそうもいかない時はタバコを吸ったあとすぐに口の中をゆすぎましょう。

 

なぜならヤニは付着後すぐになら歯磨きやうがいでも落とすことが可能だからです。口の中のヤニを落としてタバコによる再沈着を最小限にとどめましょう。

 

また、コーヒーやカレーといったように歯に色が付きやすい飲食物は再沈着につながるため、ホワイトニング後はなるべく避けるようにともいわれています…。
 

ただ、直後は注意できても、日常口にするものばかりなのでやっぱり小まめに歯磨きをしたり、自分でできる範囲のホワイトニングを心掛けるのがベターではないでしょうか。

 

食事をした後はすぐに歯磨きを行うことも大切だといわれています。歯に汚れがついている時間が長ければ長いほど、色素は沈着しやすくなります。

 

食べたあとはビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉を使って、出来るだけ早く歯を磨きましょう。施術後にもホワイトニング用の歯磨き粉を使うことがおすすめです。

 

そのとき、やはり歯磨き粉に研磨剤が入っていると歯の表面を傷つけて再沈着の原因にもなるので、使う時には注意が必要です。(何度も書いていますが、ビーグレンの歯磨き粉やクリーナーには含まれていません)

 

クリニックでホワイトニングをしてから24時間以内は、とりわけ再沈着が起こりやすい為、タバコや口に入るものには気をつけたほうが良いですね。また酸性が強いレモンなどは歯面を溶かしてしまうので口にしないようにしましょう。

 
以上のように、ホワイトニング後歯は敏感になっています。なるべく汚れを付着させないことが再沈着を防ぐことに繋がります。
 

 

歯は生えている限りは人生を共にするパートナーとなります。ともすれば大事にしたいのが当たり前です。私も、オーラルケアには気をつけてゆきたいです。

 

昔知りあった人で、いくつになっても歯が健康・しかも真っ白な人がいたのですが、やっぱり基本的な日々の手入れを徹底していました。

 

誰でもいつでも行えるのは歯磨きですが、とにかくよく歯を磨いていました。そのとき、特別なホワイトニングも確かに効果的ですが、歯を大事にするにはこの作業を怠らないことが一番必要なのかもと思いましたね。

 

普通は朝晩2回に分けて歯磨きを行うと思いますが、その人ガムやチョコレートを1粒食べたレベルでも必ず歯磨きをしていたんです。もちろんゴシゴシ力を入れて磨くのは、歯や歯茎を傷つけるのであくまで優しく(^^*)

 

また、歯並びが良くない場合は特に汚れが溜まりやすいスポットが出来がちです。

 
なので、歯磨きを行う時には、歯ブラシの持ち方を変え、様々な角度をつけて汚れに届くように気をつけたいですね。

 

歯並びは全体としてはきれいでも、一部分だけ奥に入っていたりということもあります。奥歯は特に物を噛む場所なので汚れやすいです。

 

毛先が届きにくい奥の方の歯を磨く時には、タフトブラシという通常の歯ブラシとは別の、もっと毛先が細いタイプの歯ブラシを使用しています。

 

これによって通常の歯ブラシでは届かない場所でも楽々毛先が潜り込むことが可能になり、奥歯やその更に奥にある親知らずのケアがしっかり出来ます。時間はゆっくり15分程かけるのが理想とされています。

 

普通の歯磨き粉だと、5分以上磨くと辛くなってくるのですが、ビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉は時間をかけて磨きやすいように(泡立ち過ぎない、味も刺激に
なり過ぎないなど)計算されて作られていると思います。

 

歯には汚れから守る薄いバリアのような組織がありますが、強く磨きすぎるとそれが壊れてしまい、かえって歯を傷つけることになりかねません。

 

またうがいですが、ビーグレン【bglen】ホワイトニングハミガキ粉は、薬用成分を浸み込ませるために1回程度で良いとされています。わたしはできるだけ磨く前によくすすいでおくようにします。

 

ビーグレンのホワイトニング薬用歯磨き粉は、泡が立たないので磨けているという錯覚を起こしにくいのもメリットです。

 

錯覚でなく、舌でなぞってつるつるした綺麗な歯を実感することが大事です。

 
寝る前の飲食は虫歯の危険性が増すので、夜の食事習慣をできるだけ避けたりしながら(その方が美容にも良いですしね♪)デンタルケアも楽しんで続けてゆきたいものです。

 

>>ビーグレン デンタルホワイトニングケアの成分・詳細について

 

このページとよく似たテーマ: