イオナR (イオナアール エモリエントクリーム) NEO(ネオ)の通販・販売店舗と評判は


イオナR (イオナアール エモリエントクリーム) NEO(ネオ)の通販・販売店舗と評判はアレルギー症状と対処法について考えるブログイオナR (イオナアール エモリエントクリーム) NEO(ネオ)の通販・販売店舗と評判は

 

iona-rneo7

 

ミルフィーユのように保湿成分を多重構造で含み、しかも指滑り、浸透力ともに定評のあるイオナR (イオナアール エモリエントクリーム) NEO(ネオ)。

 

目元口元など特に乾燥しやすい人、表情ジワやエイジングサイン対策をしたいという人におすすめのクリームです。

 

イオナR (イオナアール エモリエントクリーム) NEO(ネオ)は、こちらの販売店で正規品が28%オフ(送料無料)で購入できます♪

 
<イオナR(イオナアール)の販売店舗と評判>

 

⇒イオナR NEO(イオナアール ネオ)について

 
iona-rneo2

 

皮膚がもともと持っている力を引き出す、というのがイオナアールネオ(NEO)のコンセプトでもあるように、朝晩ケアするだけで表情ジワがきれいにできなくなったクリームです。

 

肌トラブルが少ない方なら、イオナ(IONA)と化粧水での基本的なスキンケアだけでも、他の特別な化粧品を使わなくても問題がないというのもわかります。

 

また、時間のとれない方はこれ一つでも間に合いますし、わたしはローション(化粧水)は使いましたが乾燥と無縁になりました。

 

以前は夏は冷房、冬は暖房で肌が本当に乾きやすかったです。乾燥するとアレルギーを悪化させますし、あらゆる肌トラブルやシワなどの元になってしまいますね><。

 

ただ、お肌が健康な人、ゆらぎ肌などの人の場合冬はともかく夏に保湿クリームってどうなのと思う方もいるかもしれません。

 

わたし個人的には、季節に問わずに保湿クリームを塗る方が肌の調子が良い派ですが、イオナアールネオ(NEO)エモリエントクリームはべたつかず、扱いやすいと思います。

 

エアコンを利用する夏は湿気も高く、秋や冬に比べて「肌の乾燥」というのは無縁な感じがしますよね。

 
しかし、乾燥していなさそうな肌が実は「エアコン」によって肌が乾燥してしまう原因になってしまいます。そんなときも、イオナアールネオ(NEO)エモリエントクリームを塗っていたら悩み知らずで重宝します。
 

iona-rneo10

 

エアコンの風というのは「室内の湿度を低下させる」働きがあります。夏は気温が高いため、室内で快適に過ごすためにもエアコンは欠かせない存在になっていますが、エアコンが効いた室内は、知らず知らずのうちに肌が乾燥してしまっています。
 

また、エアコンによる冷えからくる「血行不良」を引き起こす可能性もあります。血行不良になってしまうと、体の不調を引き起こし、体調不良は肌の不調へと連鎖してしまうのですね。

 

エアコンによる乾燥を防ぐためには「エアコンを使わない」ということが一番いいのですが、近年の猛暑のことを考えると、エアコンを使わないで室内にいると熱中症や脱水症状など様々な症状を引き起こしてしまう原因になってします。そのため、エアコンの活用は不可欠です。
 
まず、エアコンによる乾燥を防ぐためにできることは「送風を直接あたらない」ことです。吹き出し口から出る風が直接肌に触れることにより、肌の潤いがドンドン失われていきます。
 

なので、エアコンから出てくる送風を「上向き」にして自分に直接当たらないようにしましょう。もし、オフィスなどでエアコンが直接風が当たる場所にいるのなら「パーソナル加湿器」などを上手く活用して、肌の潤いを欠かさないようにしましょう。
 
また、保湿クリームでのケアはかなり効果的です。特に個人的な実感ですが、イオナアールネオ(NEO)でわたしはエアコンの乾燥も全く気になりませんでした。
 
エアコンを使いながら肌の乾燥を防ぐためにはちょっとした積み重ねですが、夏の乾燥肌を防ぐことができれば、乾燥シワなどの肌老化を防ぐことができるので、夏の(冬もですが)乾燥対策をするようにしたいですね。

 

iona-rneo14

 

イオナアールネオ(NEO)には強力な保湿成分がたっぷり含まれています。
 
特にコンドロイチンとヒアルロン酸Naには、それぞれ美肌効果が期待できるとされているんですね。では、実際にどのような効果が期待できるのでしょうか。
 
コンドロイチンとヒアルロン酸Naはお肌の水分量と密接に関係しているといわれています。
 
しかもイオナアールネオ(NEO)のコンドロイチンは、製薬会社が長年の経験をプラスことで生まれた高純度のものが使用されています。
 
一般に、コンドロイチンは、お肌の真皮に存在しており、水分を維持する効果が高いといわれています。

 
真皮にはコラーゲンが存在していますが、その隙間に存在しているのがコンドロイチンです。コンドロイチンが存在することで、真皮の水分を保持することができ潤いを保つことができるのです。肌の乾燥や老化を予防してくれるでしょう。
 

一方、ヒアルロン酸Naも水分を維持する効果が高い成分です。ヒアルロン酸Naも、コンドロイチン同様に真皮層に存在している成分です。コラーゲンとエラスチンの隙間に存在しており、お肌の水分を維持してくれるのです。
 

どちらの成分も肌の水分量に大きくかかわっていますが、年齢が上がるにしたがって減少しやすい成分でもあります。

 
特に中年に差し掛かってくると、コンドロイチン、ヒアルロン酸Na両方とも急激に減少してしまい老化が起こりやすくなります。
 
つまり、皮膚の老化現象を改善するためには一緒に配合されているのがベストということで、イオナアールネオ(NEO)は理想的だと思います。
 

コンドロイチンとヒアルロン酸Naは、美肌を考えたときになくてはならない成分です。ただし、先ほども書いたように、年齢を重ねることでお肌からどんどん失われてしまいます。

 
年を重ねても綺麗でいたいときには、コンドロイチンとヒアルロン酸Naを一緒に配合されたイオナアールネオ(NEO)エモリエントクリームを塗ってみてくださいね。
 

iona-rneo5
 

iona-rneo6
 

一見濃厚な白いクリームですが、ほんのちょっと手に取るだけですーっと肌に伸びて消えてゆきます♪そのあとはしっとり、プルプル状態が続きます。
 
コンドロイチンとヒアルロン酸Naをそれぞれ別で塗るよりも、一緒に取り入れることで、お互いの成分が影響し合い、高い保水効果を得られるようになってくるといわれています。保湿に力を入れたいという人こそイオナアールネオ(NEO)がおすすめです。

 

また、美肌に興味がある方は、NMF(天然保湿因子)に注目してみましょう。NMFの役割に注目してみることで、お肌を美しく保てるようになります。
 
イオナアールネオ(NEO)にはNMFの元になるミネラル分も豊富に含まれています。
 
まず、NMFは角質の水分を維持してくれる働きがあるといわれています。NMFは、アミノ酸を主に様々な成分でできていますが、角質に存在することで水分を維持しやすくなる役割が存在しているのですね。

 
お肌の角質から水分が少なくなってしまうと乾燥が発生しやすいです。これらのトラブルが進行してしまうと、老化現象を引き起こすことに
なるでしょう。

 
NMFは、角質から水分が逃げていかないようにブロックしてくれる役割が存在しているため、若々しさを維持したいときに重視する成分です。
 

iona-rneo19

 

またNMFはバリア機能を高めるためにも必要です。NMFの役割として、水分保持以外にバリア機能を高めてくれる効果があるといわれています。
 
バリア機能が低下してしまうと、様々な刺激に反応してしまい肌トラブルを招くことになります。乾燥はもちろん、敏感肌や老化、アレルギーに悩まされることになります。
 

NMFがバリア機能を強化してくれることで、肌トラブルに悩まされることが少なくなってくるのですね。
 
バリア機能が高まってくることにより、寒さや紫外線、化粧品などの刺激を防止しやすくなるというわけです。しわや敏感肌、シミなどあらゆるトラブルを防止したい方にとっては、大事なポイントではないでしょうか。
 
とはいえ、NMFは外から補ってあげる必要があります。

 
お肌を守ってくれる役割を果たしているNMFですが、年齢が上がるに伴って減少しやすいです。NMFを増やしたいなら、化粧品を選んでみるの近道ですが、イオナアールネオ(NEO)エモリエントクリームは、はっきりNMFに注目して開発されているのでお試しして損はないと思います。
 
また、NMFは主にアミノ酸から構成されているためアミノ酸を含んでいる化粧品を使用することでトラブルを減らすことができますね。

 
年齢を重ねたら、NMFを増やせるように外側からケアを行ってみましょう。

 
iona-rneo12 

そして特にNMFのカギを握っているのが、イオナアールネオ(NEO)にも配合されているミネラル分といわれています。
 
マグネシウムや、カルシウム、ナトリウムなどの天然ミネラル成分が含まれていて、それらがバリア機能を高め、NMFとして皮膚をサポートするためです。
 
私たちの身体にはミネラルが含まれており、これは普段の食事などから摂っているものです。

 
このミネラルというのは、私たちの身体にとって必要なもので、特に皮膚においては美容に関する重要な役割を持っています。
 

ミネラルは代謝機能を維持する役割を担っており、ミネラルが不足すると代謝機能が落ちてしまうので、美容において大きな影響があると
言えます。
 

代謝機能が落ちるとどういうことが起きるでしょうか?肌のターンオーバーに影響が出るということが言えます。

 
つまり、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わるサイクルが働かなくなるので、見た目の老化が進みやすくなるということになるのです。

 
例えば、ニキビができたとして、そのニキビが治っても跡が消えない、薄くならないということが起きる可能性があります。
 

あとはシミやしわなどが目立ちやすくなるということも言えますし、皮膚の代謝機能が落ちてターンオーバーが乱れるだけで、困った状況が起きやすくなります。
 

お肌以外のことでも、代謝が上手く機能しないと、溜めたエネルギーを使う効率が悪くなるので、太りやすい身体になってしまうということも言えますから、これも美容にとっては重大な問題になります。だから、ミネラルが不足してはいけないということになるのですね。

 
iona-rneo11
 

ミネラルは皮膚の代謝機能を担っているので、それが不足すると見た目に影響することがあるわけですから、普段の食事やサプリメントを
通じて、十分な量のミネラルを補給したいですし、化粧品(イオナRネオ エモリエントクリーム)はぴったりでした。
 
健康を気にする方だけではなく、美容やスキンケアに関心がある人にとっても、ミネラルは本当に重要な存在ですし、意識しだすと調子が上がってゆきますね。
 

わたしはもともと乾燥肌(敏感肌)なので、笑うとシワなどができやすい体質だと思います。

 
ですが、ケアを怠っていた30代前半よりも、ちゃんと基礎化粧品に力を入れ始めた30半ば以降~40代の方が、表情ジワに関してはできていません。
 
まあ、全体的にどうしても老化は止められないので、若々しく見えるのとは別だとは思っていますが…。
 
特に気になるのは目元の小じわ。昔はメイクをしてクレンジングを落とすときに、力を入れてゴシゴシと目の周りを洗っていたり、コットンの使いすぎでもできやすかったです。
 
目元の小じわと比べて、わたしの場合口元のほうれい線は、そこまで気になるほどではなかったのですが、やっぱり写真を見ると昔と比べフェイスラインにハリが無いのがわかってショックですよね( ノД`)

 
目元も口元も、見た感じからとても老けたように見えてしまいます。どうしたら改善できるかなと思ったときに、やっぱり普段の基礎化粧品でのお手入れが一番効果がありました。

 

iona-rneo21 
目元はもともと皮膚が薄く、とてもよく使う場所なので肌荒れしやすいですし、シワができやすいそうです。また年齢を重ねることによって、まぶたが重くなってたるんでしまい、シワになってしまうのです。
 

紫外線を浴びたり、目元が乾燥してしまったりしているのも1つの原因です。

 
最近はパソコンやスマートフォンを使用することが多いので、目に負担がかかり、ますますシワができやすいそうですよ(^^;
 
イオナアールネオ(NEO)エモリエントクリームをつけるときもですけど、スキンケアをするときの注意点ですが、目元には絶対力を入れて触れてはいけません。
 

アイクリームなどを塗る時も薬指で塗ることをお勧めします。力を加えることによって目元にシワができてしまうのも原因の1つです。
 
わたしも、美顔器が好きで、少し前までよく使っていました。最近手でつけるタイプの化粧品に変えたところ、どちらかというと(美顔器も適度に使えば良いと思いますが)使わない方が肌のシワはできにくい感じがします…美顔器は使うと確かに水分や美肌成分の浸透が良いので癖になるのですがこれって不思議ですね。
 
口元にシワができやすい原因も、やはりもともと皮膚が薄いということです。
 

目元と一緒でとても乾燥しやすく紫外線や刺激などで、口元にシワができてしまいます。食事を食べたり歯磨きをしたりする時に口元が汚れてしまうことも多く、無意識にゴシゴシと汚れを取ろうと思って拭き取ろうとろうとしたら、シワの原因の1つになってしまうので絶対にやめたほうがいいです。
 
口元は大きく笑ったりすることで口の筋肉の運動になります。表情豊かな人は、顔の筋肉がよく動いているのでシワは少なくなります。
 

逆に全く口元を動かしていなかったら、口角が下がってしまいほうれい線や口元のシワの原因につながります。
 
年齢を重ねるにつれ目元や口元にシワができるのはどうしても仕方がないことです。若い頃からの積み重ねでシワへの対策はできると思います。
 

イオナアールネオ(NEO)エモリエントクリームを使うと、特別な目元、口元用のクリームがなくても大分皮膚ががふっくらし、改善されるので、気になっている方には使用することをお勧めします。

 

⇒イオナR NEO(イオナアール ネオ)について読む

 


 

iona-rneo17
 

 

 

このページとよく似たテーマ: