シミウスホワイトニングジェルの口コミで効果があるって本当?


シミウスホワイトニングジェルの口コミで効果があるって本当?アレルギー症状と対処法について考えるブログシミウスホワイトニングジェルの口コミで効果があるって本当?

 

simius-whitening1

 

そろそろ蓄積したメラニンの影響も気になる季節です。美白成分が入ったオールインワンジェルを探していたのですが、その時口コミで効果があるといわれていたのがシミウスホワイトニングジェルです。

 

調べてみると、良い口コミだけではなく悪い口コミもあり、実際の使用感が気になったため今回レビューしてみたいと思います。

 

<シミウス(メビウス)の口コミと効果>

 

※詳しくは⇒シミウスホワイトニングジェルについて

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

simius-whitening8
 

まず、シミウスホワイトニングジェルを使ってみて思ったのがプルンプルンのジェルが少量でも予想以上に伸びます。

 

ジェルクリームメインのケアというのをしたことがなかったからか、不思議な感覚でした。透明感があり、一見水っぽくてすぐ乾燥するんじゃないかと思ったんですが、朝晩の使用で十分な保湿力です。
 

また、マッサージ用ともありますが、お肌のハリがUPした感じがします♪

 

シミウスホワイトニングジェルは、その名の通り美白効果も見込めるジェルなんです。でも、保湿力に魅入られてたくさんのリピーターがいるということにも頷けました。

 

やっぱり、秋冬になると肌が乾燥しやすい状況になりますね。乾燥しているとなぜか、シミやそばかすが増えたという経験を持っている人もいるかもしれません。乾燥しやすい季節というのは、実はシミやそばかすができやすいのです。

 

でも、どうしてシミやそばかすは乾燥によってできやすくなるのでしょうか?

 
仕組みはいたってシンプルで、乾燥すると肌の新陳代謝の機能が悪くなるからです。

 
そして、新陳代謝の機能が悪くなるとターンオーバーが働かなくなり、肌に存在するメラニンを外に押し出す力が作用しなくなります。

 
その結果、メラニンが肌の内部にとどまった状態になるので、それが結果としてシミやそばかすになるということなのです。

 

シミやそばかすというのはメラニンが原因になっており、これが通常は時間の経過によって排出されるはずなのですが、特定の状況になったときには内部に留まるのです。

 

その特定の状況の1つにはターンオーバーが機能しないというケースが挙げられるんですね。

 

そしてターンオーバーが機能しない原因が、乾燥によってもたらされるということになります。

 

simius-whitening3
 

乾燥が肌によくないというのは多くの人は頭に入っていると思います。他にもしわの原因になるということもいわれていますよね。ただ、シミやそばかすの原因になるということはまだ認知度が高くありません。

 

シミウスホワイトニングジェルは、保湿やリフトアップにとても気を配った成分配合になっていますが、潤いに重点が置かれているのも、それが美白には欠かせないという理由もあると思います。

 

乾燥対策をしっかりとやって、シミやそばかすの原因を防ぐことが美しい肌を保つためには必要なのですね(^-^*)

 

また、シミというと、一見女性ホルモンとは関係なさそうに思えます。かくいう私もそのひとりでシミ=紫外線のイメージです。

 

シミと一言で言っても3パターンに分類されていることが今回調べてみてわかりました。

 

「シミ、そばかす」「炎症後色素沈着」「肝斑」の3つに分かれています。

 

それが、実はシミは女性ホルモンと関係していることがわかりました。どうやら妊娠や更年期前などによって顔にシミが出来るようです。

 

妊娠中も更年期前も、ホルモンバランスが乱れ、シミが濃くなったりする人が多いということです。

 

かえって50代後半以降(更年期を迎えた後)の方が、シミの悩みが少ないというのはちょっと意外ですよね。

 
人によっては、急激に目の下にそばかすのようなものができて焦ったことがある人もいるかもしれません。

 

いわゆる肝斑なのですが、肝斑は妊娠や年齢による不調によって誘発され紫外線を浴びると悪化する傾向にあります。
 

妊娠と言うと女性ホルモンと密接な関係があります。一見レーザー治療をすれば改善できそう!と期待してしまいますがこれがかえって逆効果になってしまいます。

 

simius-whitening6

 

治療法としては病院でトラネキサム酸を投与したり美白外用薬を使って治療する場合も考えられます。

 

ビタミンC、ハイドロキノンも処方されることがあります。ただ、忙しいときになかなかシミのために通院できない、そもそも心理的なハードルが高い…という場合も多いでしょう。

 

そうなると、やっぱり家でのケアが一番重要ということになります。

 
シミウスホワイトニングジェルには、美白に良いとされる薬効成分としてグリチルリチン酸2kとプラセンタエキスが配合されています。しかもオールインワンジェルですから、洗顔の後美容液や乳液なども必要ないのが嬉しいですね。

 

ちなみに完全に好みの問題ですが、わたしはシミウスだけではなくオールインワンのクリームタイプを使うときに化粧水だけは一応使っています。

 
化粧水は試供品とか安いものです。いえ何となく、クリームやジェルを乾燥した肌につけるのに抵抗があるんですよね…(^^;

 
でも、本来シミウスはオールインワンジェルですから、化粧水も不要です。
 

また、シミと一言で言っても肌荒れが原因でシミが引き起こされることもあります。

 
合わない化粧品を使い、顔に炎症が起きて肌荒れを起こし一通り落ち着いた後顔にニキビ跡などが残った状態もいわばシミのうちの一つになるようです。
 
この合わない化粧品によって肌荒れを引き起こし、時間の経過により落ち着いてシミだけが残った状態を「炎症後色素沈着」と呼びます。

 
化粧品かぶれ、ニキビの発症→炎症→完治→ニキビ跡だけ残った状態、顔にできたやけどが落ち着いた状態は炎症後色素沈着に分類されます。

 

simius-whitening23
 

シミウスホワイトニングジェルに含まれているグリチルリチン酸ジカリウムは、シミやニキビに効果を発揮するといわれています。

 

どのように効いてくるのか知っておくと、ケアに利用しやすくなります。

 

■炎症を抑えることでニキビにも効果的

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症効果が高いとされている成分です。

 
ニキビは、毛穴が炎症を起こすことにより起こりやすくなりますが、グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症効果により、炎症を鎮めお肌のトラブルを解消してくれるといわれているのです。
 

ニキビに悩みを感じている方は、使用してみるとよいでしょう。

 
肌に良い成分であっても、敏感肌だと過敏に反応してしまうこともあります。お肌に使用することにより肌荒れしてしまうと、ニキビの状態も悪化してしまうのも要注意です。

 
敏感肌だと、肌に使用することに不安を感じてしまいますが、グリチルリチン酸ジカリウムは敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

■お肌の代謝を促進してシミを解消に導きます

 

シミができてしまった時、グリチルリチン酸ジカリウムの働きに注目することにより色素沈着を改善しやすいです。

 
グリチルリチン酸ジカリウムは、バリア機能を正常に戻すことで結果的にシミを解消しやすくしてくれるのですね。

 
バリア機能の働きが活性化することにより、肌の新陳代謝も活発になってきます。

今までは、なかなかお肌のターンオーバーができなかった人もことも、一月のサイクルでお肌の再生が行われるようになり、古い肌は垢となって剥がれ落ちることになります。

 
皮膚が剥がれ落ちれば、そこにできていたシミも一緒になくなり透明感のあるお肌に生まれ変わることができるのです。

 

お肌にたくさんのシミができており悩んでいる人や、今後シミを防止したいという方は、シミウスホワイトニングジェルのような、グリチルリチン酸ジカリウムを含んだ化粧品を使用してみるとよいでしょう。

 

simius-whitening13

 

simius-whitening10

 

また、シミウスホワイトニングジェルの主成分の一つであるプラセンタ。

 
プラセンタエキスとは胎盤から抽出したエキスのことでたっぷりと栄養分が含まれていることから美容効果が高いということで様々な化粧品で見かけるようになりました。
 

そんなプラセンタエキスのエイジングケア効果について説明していきます。
 

実際にプラセンタにはどのような栄養素が含まれているのかと言えばアミノ酸、タンパク質、ビタミンが豊富に含まれています。

なので肌に対しての効果としてはシミやくすみを防ぐ美白効果と肌に潤いを与えることが出来る保湿効果、さらにはターンオーバーを促進することで、エイジングサインにも効果が期待できるのです。

 
プラセンタエキスの肌に潤いを与える効果はシワやたるみに有効と言えます。
 

人間の肌は加齢と共に水分が減ってしまい、その結果として肌がハリと潤いを失ってしまいます。そしてほうれい線やシワが出来てしまったり、目の下にクマが出来てしまったりするわけです。

 
ほうれい線やシワ、クマが出来るとそれだけで一気に老けて見えますし、その他にも水分が失った肌は毛穴が目立つようになるのでそれも年齢を感じさせる肌の特徴です。

 

またエイジングケアに最も重要なのが肌に潤いを与えることです。だからプラセンタエキスの保湿効果はエイジングケアに欠かせないということですね。

 

さらに肌のターンオーバーも個人差がありますが、本来28日周期のモノが年を重ねると遅くなります。
 

そしてターンオーバーが遅くなれば肌がくすんでしまったり、シミなどが出来てしまいます。

 

ターンオーバーにより細胞が新しく生まれ変わるというのは、肌がキレイになるというのと同義です。ですから、ターンオーバーを正常化することがエイジングケアには欠かすことが出来ないのですね。
 

そしてターンオーバーを整えてくれるプラセンタエキスはエイジングケアに必要な成分ということです。

 

simius-whitening18

 

それから、シミウスホワイトニングジェルが一般的な美白コスメやオールインワンと比べてメリットがあるとするなら、やっぱり医薬部外品というのも大きいかもしれません。

 

実際の効果を感じるかどうかは、人によると思うのでシミウスに美白効果をあまり感じないという人も当然いらっしゃるとは思います。

 

そもそも販売されているスキンケア製品は「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と大きく3つに分類され、裏面などに表記がされています。

 

まず、「医薬品」とはその名の通り治療を目的として販売をされている薬で、配合されている成分が、厚生労働省によって効果を認められているものになります。

 

「医薬部外品」は厚生労働省が認めた効果・効能に有効な成分が、一定量や一定濃度配合されているものを指します。治療というよりも防止や改善効果に期待できるものになります。
 

「化粧品」は医薬品、医薬部外品に比べ効果や効能の基準が緩く、清潔にする、魅力を増す、肌を健やかに保つなどの目的で使用をされます。
 

この、医薬品と化粧品の中間のものが医薬部外品で、有効成分として配合している成分名や効果や効能を表示することができるもになります。

 
一方「化粧品」は、効果や効能をパッケージなどでうたうことができません。
 

また、薬用とつくものは医薬部外品にあたります。一般的なシミ対策や美白コスメを購入する場合、「医薬部外品」もしくは「化粧品表記」のものが多く、その場合やはり有効成分がしっかりと配合されていて、その効果が明記されている「医薬部外品」を使用することで、その効果をより期待できると思います。

 

また「医薬部外品」であれば、効果や効能の表記がある程度明確にされているので、自分のシミの状態や肌悩みに応じたアイテムを選びやすくなるメリットがあります。

 

同じシミといっても種類や目的によってアプローチの仕方がいろいろある上、せっかく配合されている有効成分も肌質によっては合わない場合もあるので、選ぶ際にしっかりと表示されている成分や効果を見極め、自分に合ったものを選び継続して使用することが重要です。

 

simius-whitening16
 

今回わたしがシミウスホワイトニングジェルを使ってみた感想としてはどうなの、ということですけど、個別のシミが消えたということはなかったです。
 

ただ、顔全体のトーンアップと、あとすっぴんがきれいになるというのは感じました。

 

ハリが出て、大きく笑っても小じわが出たりしないので、使い心地の気持ちよさと合わせて使い続けたい気持ちもわかりますし、実際ファンの多いロングセラーです。

 
シミウスを使っているときは、クマも目立たない気がしました。ただ、ピンポイントでこのシミを何とかしたい!というときには弱いと思います。

 

顔全体の透明感アップや、きめの細かさは出るので、高い保湿力と合わせてそちらを優先する、魅力を感じるという人にはおすすめです。

 

※詳しくは⇒シミウスホワイトニングジェルについて

 

simius-whitening25


このページとよく似たテーマ: